初めてのバイク購入 | バイク選びからカーローン利用と保険加入

バイク免許の種類から免許取得まで

乗りたいバイクが決まったらバイク免許を取得しよう!
バイク免許種類から取得街中や旅先で颯爽と風を切って走るライダーたち。
それぞれが思い思いのスタイルでバイクを乗りこなしているのは見ていてもカッコイイ。
あなたもそんな姿に憧れて、バイクに乗ってみたい!からバイクに乗ってみよう!と思った人は多いはず。
けれど、バイクの免許には、原付、小型限定、普通、大型に加えて、原付以外にそれぞれATがあって、運転できるバイクと取得できる年齢が変わることを知っていますか?
まずは自分が乗りたいバイクを決めて、排気量や用途にあった免許を取得しよう!

免許の種類を理解しよう!

原動機付き自転車

いわゆる16歳から取得できるゲンチャリ免許です。
とりあえずバイクを乗ってみたい人向けの免許。
搭載するエンジンの排気量が50cc以下の二輪車または三輪車が運転できます。
試験は学科のみ。都道府県によっては実技講習もあります。
また小型特殊免許を除く運転免許証を持っていれば、試験を受けることなく運転することが可能となっています。

二輪免許

排気量区分は、普通二輪小型限定が125cc以下、普通二輪が400cc以下、制限のない大型二輪。
それにAT限定を加えると実に6種類もの免許があります。
取得は、AT限定、制限なしともに満18歳から。ただし、年齢が基準に達していても、一足飛びに大型を取得させない都道府県もあります。

オートマ限定免許

いわゆるオートマ車(AT)だけを運転できる免許。
排気量区分は一般の二輪免許と同様です。
普通二輪小型限定、普通二輪、大型二輪の3種類。
AT限定の大型免許は、排気量の上限が650ccまでとなっており、そこが限定なしの免許と異なっています。取得可能年齢は、大型が18歳から、その他は16歳からとなっています。

次の記事は「備えて安心!バイク保険の種類」です。

ひとつ前の記事は「輸入車と逆輸入車を楽天市場で激安ゲット」です。