入って安心!バイク保険

通販型の任意保険

バイク事故に備えて通販型の任意保険に入っておくのが絶対に安心!

たとえ「任意」といえども任意保険に加入しておくことは自分だけでなく家族を守るうえでもとっても重要です。実際のバイク事故ともなれば自賠責保険の範囲を超える賠償となるケースがほとんどです。そのために任意保険に入っておくのがバイクライフを楽しむ基本であることはまちがいありません。そこで「任意保険」について、わかる限りのことを紹介しておきます。

対人対物は賠償は無制限に

任意保険は自賠責だけでカバーできない部分の補償を受けられる総合的な保険です。最近の傾向として、年々賠償額が高額になっていることもあって、対人賠償だけでなく対物賠償も無制限にしておくのが一般的です。「物損」というとバイクやクルマの損害を連想するかもしれませんが、トラックの積み荷や建物に損害を与えてしまうことを考えると無制限にしておくのが安心です。
任意保険
また、最近ではロードサービスの充実や、保険料の安さといった契約者自身のメリットが謳われることが事が多いです。しかし、任意保険も本来は賠償のためのものという前提に、その部分は可能な限り手厚い保障にしておくことをおすすめします。そのうえで、自分自身のための傷害保険や特約は本当に必要なものだけを選んで加入すると、保険料をおさえることもできるようです。

任意保険の3つの役割とその内容

相手への賠償をします

対人賠償
相手を死傷させた場合に支払う賠償のうち、自賠責保険の範囲を超える部分を補償します。被害者が死亡した場合や重い後遺症が残った場合、賠償額が億単位の高額になることもあるため、保険金額は「無制限」としておくのがおすすめ。

対物賠償
クルマや建物などの人的被害以外の賠償金を補償。車両や建造物などのモノ以外にも休業損害といった間接的なコストも対象となります。道路構造物や高級車の全損、鉄道を不通にしたときのことを考えると無制限が望ましいです。

ケガの補償

搭乗者損害
契約者に乗る人が死傷した場合の補償です。保険金額を最高に死亡した場合は保険金額、後遺障害の場合は所定の額が支払われます。ケガの場合は所定の額が支払われます。ケガの場合は、入院・通院日数やケガの部位症状で保険金額が決まります。そのため特約扱いの保険会社もあります。
人身傷害
契約者でっ死傷した場合、過失割合に関わらず損害金額を補償してくれます。過失割合による減額がないのと、示談成立を待たずに保険金が受け取れるため、すぐに治療費などに使えます。搭乗者傷害の保険金が定額なのと違い実損害を補償してくれます。

バイクの補償

車両保険
契約者が転倒や事故で破損した場合に保障される保険です。単独事故の場合も補償する「一般」、相手のある事故だけを対象とした「エコノミー」といった種類があります。事故リスクが高いバイク向けの車両保険がない保険会社は多い。

盗難保険
クルマは盗難への補償は車両保険が担いますが、盗難のリスクが高いバイクの車両保険では盗難が保証の対象外です。また、バイクの単独の盗難保険はなく、販売店やロードサービスが提供している盗難補償サービスを利用するしか方法はないようです。

今は通販型保険が安くてオススメ

通販型任意保険

保険会社はなんとなくで決めると実はもったいないです

公道をバイクで走るなら、任意保険に入っおくことはバイクライフを楽しむ基本です。しかし、任意保険は月々数千円から、年齢が若いと1万円を超えることもあり、ライダーのお財布にダメージを与える頭の痛い固定費であることは間違いありません。しかし、最近よくTVのCMでも見る通販型保険を一考する価値があると思います。これは大手損害保険会社のように代理店を通さずやりとりすることでコストを抑えているからです。ライダーの多くは、バイクを購入したショップが取り扱っている損害保険会社や、周囲の人が勤めている保険会社を利用しているパターンが多いようです。代理店などが保険内容の不明点について詳しく教えてくれるなどのメリットも多いのですが、節約するということも考えれば、通販型を検討してみる価値は十分にあると思います。

特約オプションで大きな安心を手に入れる

基本補償のスキマを埋めるのが特約

「特約」は対人・対物賠償や搭乗者傷害などの基本的な補償のスキマを埋めるものと、プラスアルファの補償が得られるオプションがあります。保険の基本部分はいろいろと制約がある代わりに保険料が安く抑えられています。その制約を超える部分を補うだけに保険料はやや割高となります。見積りをすると、特約を付けた途端に大きく保険料が高くなることもありますね。しかし、弁護士費用や対物差額特約のように、最近の事故の示談交渉の中で役に立つ特約もあるようです。家電の保証延長サービスのように、保険料を払っただけメリットがあります。内容を吟味して、可能な範囲で特約を付けると安心と思います。

関連記事

  1. バイク保険の種類

    備えて安心!バイク保険の種類

PAGE TOP