初めてのバイク購入 | バイク選びからカーローン利用と保険加入

オートバイショップの見つけ方

免許を取って欲しいオートバイが決まったら、次は購入するバイクショップ選びは購入後も何かとお世話になるなど、長い付き合いをするので、あせらず自分のスタイルにあったバイクショップを選ぼう。

失敗しないバイクショップ選びは慎重に

失敗しないバイクショップとバイクの見つけ方目的のバイクを見つけたら、まずは在庫の確認も含めてショップに電話してみよう。

グーバイクなどのオートバイ専門誌には、自分が住んでいる町のショップ情報など掲載されているので「グーバイクを見て電話しているんですけど・・」というような感じで。

中には職人気質の親父さんが応対にでることもあるが、決して愛想がよくないことがダメなバイクショップではありません。
かえってこんなお店が親身に付き合ってくれることがよくあります。

ショップにお目当てのバイクの在庫が確認されたら、いつごろ来店すればいいか確認しよう。
約束の日時には行って、自分の目でバイクを確かめることが大切です。

ショップはバイクを購入するだけでなく、メンテナンスや突然のトラブルなどで何かとお世話になるので、後々のことも考えて、焦らずじっくりショップを選ぼう。

また、ショップ選びだけでなく、自分の望むバイクライフにショップがあっているかもチェックしておこう。
ツーリングなどイベントを頻繁にやっているお店なら、おのずと仲間が増えるだろうし、カスタムを目指すなら、それを得意にしているお店に越したことはありません。

常連のお客さんが集まる時間帯に訪ねれば、そこからも色々な情報が収集できます。

バイクショップ選び方

自動車公正取引委員会(以下 公取協)の会員店を選ぼう

公取協の会員店はプライスカードに加え、品質評価を用意しています。
そのバイクの各部の状態が4段階で評価されているから、簡単にバイクの情報がわかり、安心してバイクを選べます。
下記のプライスカードの一例。このデータを参考にすれば簡単にバイクの販売条件がわかります。

自動車公正取引委員会(

バイク購入に関する相談窓口

社団法人自動車公正取引協議会
全国オートバイ協同組合連合会

・プロト読者相談窓口
次の記事は「新車と中古車の比較」です。

ひとつ前の記事は「バイク購入資金と必要経費」です。