バイク資金・バイクローン

残価設定ローンでバイク購入

残価設定ローンでバイク購入

ローンを有効活用して新車を購入

残価設定ローンと通常ローンの違い

ローンで新車を購入最近のバイク価格は50万円オーバーと結構高めです。
新車となれば70万円、80万円といったモデルも少なくありません。
とは言ってもそんな高額なお金を一括で払える人なんてそれほどいるもんじゃありません。
そんな時に役に立つのがローンというシステムです。

一般的なローンは、例えばバイクを購入する金額を指定又は希望した回数に分けて全額支払うもので、最終的には全額を払いバイクが自分名義になります。

いっぽう、最近よく耳にする残価設定ローンとは、数年後の下取り価格を先に設定し、その分だけを支払う仕組みです。
利点は、毎月の支払いが軽減されること。ただし、各販売店によって諸条件が違うのでよく確認しましょう。
また、全額を支払っているわけではないので、ローン満了時に車両の購入または下取りを、再検討する必要が出てくることも覚えておきましょう。

残価設定ローンの満了時
1:乗っていた車両を返却する。

車両を返却して残価を相殺する

2:車両を手放して新しい車両に乗り換える。

車両を返却。新しい車両を購入(ローンを新たに設定します)。

3:車両を継続して乗る。

最終回に残価を一括で支払い。または新たにローンを組みなおす。

従来型ローンと残価設定ローンで購入した比較
ローンで新車を購入

例:ビッグスクーターを新車で購入
・車両本体価格70万2450円(消費税込)
・頭金:13万円   ・ローン対象額:57万2450円
・実質年率:5.2% ・支払回数:24回
・ボーナス加算(×4回):2万円
従来型ローンで支払い
・初回:2万2591円  ・月々(×23回):2万1800円
・支払総額:73万3991円
残価設定ローンで支払い(2年・残価33万円)
・初回:9147円   ・月々(×23回):8800円
・支払総額:42万1547円 最終回(残価)33万円
※残価設定ローンのほうが月々の支払い金額も軽減できる。
排気量251cc以上のバイク購入には
★排気量251cc以上のバイク購入予定があり、金利が低いローンをお探しなら、こちらのカードローンが「おすすめでdす。

しかも固定型ですから、途中から金利が上がることもありません。


次の記事は「バイク購入資金と必要経費」です。

ひとつ前の記事は「バイク購入トップページ」です。

関連記事

  1. バイク購入経費

    バイク購入時にかかる必要経費はいくら?

  2. バイクローン今日中に借りる

PAGE TOP