バイク用ETCカード

ETCカード

ETC高速道路割引とETCカード割引特典をプラスしてお得にツーリングを楽しもう!

ETCを搭載する最大のメリットは、通行料金の割引ですね。ここ最近ではカード会社によって高還元でポイントが貯まったり、高速道路によっては休日や夜間に通行料金が大幅割引されるなどメリットは大きいです。なんといってもツーリングライダーにとってありがたいのは休日割引ですね。終日、地方ならどこをどれだけ走っても3割引きとなるため、今までと同じようにあまり意識して利用しなくてもいいようになりました。しかし、平日は距離を延ばすなら頑張って深夜に出発、帰省のプランを立てて深夜割引を利用するとか、混雑する朝夕の通勤時間を利用するといったところ。これ以外にも距離割引や東京湾アクアラインで使用できる割引などもあるのでETCを利用するメリットは大きいです。
そうしたETC割引の詳細を簡単ですが紹介します。

深夜割引(3割引)

条件 0時~4時にゲートを通過すること
対象道路:NEXCO管轄の区間(一部除く)
車種や地域、走行距離を問わず適用される割引きで、午前0時から4時の間にNEXCO東中西日本が管轄する高速道路を走行していれば、走行区間のすべてが3割引きになります。この時間内に高速に乗る、降りる(料金所を通過)は、高速道路上を走っていれば適用されます。

休日割引(3割引)

条件:土日祝日に利用する
対象道路:NEXCO管轄の地方部の路線
土曜、日曜の週末と、祝日だけに適用される割引制度です。
東京、大阪近郊区間を除く全国のNEXCO管理の高速道路を走ると、料金の通貨時刻、走行距離に関係なく地方部の全区間が3割引となります。

平日朝夕割引(最大5割引)

条件:6時~9時、17時~20時(平日)
対象道路:NEXCO管轄の地方部の路線
平日の朝6時から9時、夕方の17時から20時に地方部の料金所を通過すると、朝1回、夕方1回のみ、地方部の区間の最大100km分が割引されます。利用回数に応じて5回~9回利用の3割分、10回を超える利用なら5割分が、マイレージサービスの通行分として還元されます。

距離別割引

ETCがなくてはならないのが首都高速と阪神高速など。2012年からそれまでの均一料金ではなく距離料金制に移行し、ETCであれば利用距離に応じて510円~930円となり、また、各種割引制度も利用できるようになりました。しかし、ETCを使わずに現金払いの場合は、利用距離にかかわらず最高額の930円を徴収される。

ETCコーポレートカードでは、こうした首都高速や阪神高速における割引とは別にさらに最大20%割引の特典がついています。ETCコーポレートカードはクレジット機能が付いていないので、余計な買い物もしないですみます。今まで高速道路を現金払いやクレジットカードで走行していたライダーは今すぐにETCコーポレートをカードに加入しましょう。カード発行手数料 617円(税込)で1枚発行してくれますよ。
首都・阪神高速ETCコーポレートカードの詳しい解説はこちら>>

東京湾アクアラインなどの橋は割引率が高い

ETCを利用するメリットが今、いちばん大きのが「橋」です。ここでいう橋とは、東京湾アクアラインろ、本州と四国を結ぶ区ベア淡路鳴門道。瀬戸中央道、西瀬戸道の本州四国連絡道のことです。本州四国連絡道の3ルートは3割~5割引、東京湾アクアラインは大幅値下げです。このように房総エリアに行くことが多いライダーにおススメです。

関連記事

  1. バイク用ETC導入ガイド:ETCカード申込からETC車載器装着までメリ…

PAGE TOP