失敗しないバイク選び

バイク初心者でも乗りこなせる海外メーカーのバイクをおすすめする理由

昔は「外車に乗るのはキャリアを積んでから」ともっともらしいセリフが飛び交っていましたが、あれは外車を買えない人が妬んで呟いていたらしい(笑)。それだけ海外メーカー製のバイクは一昔前までは「高値の花」だったことは事実。それに、「壊れやすいうえにクセがあって乗るのは難しいから、ビギナーは手出し無用!なんていわれ、そういう諸先輩の声に正直に耳を傾けていましたね。先輩のいうことを聞かないとライダー仲間に入れてもらえないとか、ツーリングに連れて行ってもらえないとか、今でいう「パワハラ」的なこともあったのが懐かしい。
しかし、現在はそんな心配はご無用!
そんなわけで、ファーストバイクに海外メーカーを選ぶ初心者ライダーが増えている理由を紹介します。

国産バイクとの価格差がなくなってきている

外車は高級といわれたころに比べると、近年は国産バイクとの価格差がなくなっており、ともすれば外車の方が安い機種も登場しています。また、外車はよく故障するといわれたが、トラブルの頻度も大幅に減っており、免許を取得して初めてバイクを買うバイクに海外メーカー製を選んでも何の不安もなく海外メーカ製を楽しめる良き時代となっています。

海外メーカー製のいいところは、個性的なデザインはもちろん、乗りにくさを排除しながら乗車フィーリングもメーカー独自のキャラクターがあり、趣味性を強く感じられるのも魅力です。また、オーナーズクラブやミーティングなどの体制や、オリジナルアパレルの展開も海外メーカーの充実度には目を見張るものがあります。もはやファーストバイクに外車を選ぶのに、どこにも躊躇する理由がないです。

海外メーカー製をおすすめする4つの理由

「外車=故障する」そんなイメージは過去のもの

外車の整備工場
写真:ハーレーダビッドソン横浜戸塚
外車は壊れやすいというイメージはもはや都市伝説化に。メーカーが定める定期点検をちゃんと受けてさえいれば、故障する可能性は低いのは国産車も同じ。また、メンテナンスのサイクルや消耗部品の交換サイクルなども国産バイクと大差ありません。保証期間の長さや、距離無制限のレッカーサービス制度は、めったに壊れないという自信の表れでもありましょう。

正規ディーラー網が充実し万全のサポート体制

バイクブロス・グランドライン横浜
写真:バイクブロス:グランドライン横浜店
かっては外車を扱っているショップ自体が少なかったが、今や有名海外メーカーの正規ディーラーは全国の主要都市に必ずといっていいほど展開しています。そして新車購入時には2年間距離無制限などの保障も付くし、オーナーズクラブや、ユーザーズクラブに入会すれば、万一の事故やトラブルに対応した無償のレッカーサービス、盗難保険などがセットされる場合が多いようです。地域や全国規模のオーナーズミーティングの開催など、オーナーを楽しませるイベントなども、海外メーカーは充実しています。なんといって企画が面白いのでバイクファンのみならず、誰でも気軽に参加できても楽しい。

安心して購入できる認定中古車制度の確立

認定中古車制度
「新車が欲しいけど予算が・・・」とは言え外車の中古車を買ってトラブルがあったらどうしよう?そんな不安を解消するのが認定中古車です。基本的にディーラーで販売された正規輸入車をベースに、何十ヶ所もの整備項目を設けて隅々までチェックし、消耗部品などもちゃんと交換してリフレッシュした車両のみが販売されています。もちろん、納車保険(メーカーによって異なりますが、1年間距離無制限など)が付き、ほぼ新車と変わらない万全の体制で、中古車ライフを応援してくれています。

激安価格からリーズナブルな価格帯のラインナップも登場

「外車は高い!」と思いがち。たしかに高額モデルも少なくありませんが、近年は国産車と大差がなかったり」、むしろリーズナブルな車種も数多く登場しています。それは自動車とて同じすね。排気量でいうと600CC~900CCの、世界的にミドルクラスといわれるしモデルが中心です。(日本と免許や保険制度は異なるので、このあたりが一番の売れ筋)なのでビギナーには扱いやすくベテランも満足できる性能を持っています。国産バイクの1000CCクラスを購入する予算があれば多くのモデルを選択肢に入れることもしてはどうでしょう?

バイク販売のバイクブロスで見つけた格安外車の一例
DUCATI スクランブラーアーバンエンデューロ 16624 グーバイク鑑定車

DUCATI スクランブラーアーバンエンデューロ 16624 グーバイク鑑定車
車両価格 73.8万円 (バイクブロスより)

関連記事

  1. 輸入車と逆輸入車の違い

    輸入車と逆輸入車の違い

  2. 新車と中古の比較

    新車バイクと中古車バイクの比較

  3. オートバイショップの見つけ方

    オートバイショップの見つけ方

PAGE TOP